「結婚したいなら、男の胃袋をつかむのが近道」というのは定説です

 

「結婚したいなら、男性の胃袋をつかむのが近道」と格言のように言われていて、聞いたことのある人もいるとは思いますが・・

「結婚願望があるなら、男の胃袋をつかめ」というのは定説ですが、現実、これは本当のことです。その理由は、結婚をすると、一緒に暮らすことになります。そうなると、言うまでもなく、ともに食事をしていくので、料理をするのが得意で家事を嫌がらない女性が必要とされているからです。しかし、「どんな料理が得意ですか?」と男性に尋ねられた場合、カレーライスやパスタと返答するのはタブーですし、あなたのイメージを悪くするので注意しましょう。大抵の男性は、パスタではお腹が膨らみません。そしてまた、カレーライスの場合は、市販のルウさえあればいいので、余程オリジナリティのあるものでなければ得意な料理ですとアピールされても男性からの印象もあまり残りません。「あなたはどんな料理が得意ですか?」と相手に質問された場合、お勧めの答えは「親子丼」です。気取ったイメージはありませんし、家庭的な雰囲気がありながら、きれいに仕上げるのが意外に難しい料理でもあります。そのため、料理が本当に得意なんだ、と思ってもらうことができますし男性からの印象も評価も良くなるので、実際に作る練習をして自信をつけたら、婚活でアピールしてみましょう。

 

 

結婚活動で開催されるパーティーに初めていったとき、大失敗をしでかしました。

初めて婚活が目的で行われるパーティーに行った際、大失敗となりました。当時は、婚活を始めたばかりで婚活が目的のパーティーの雰囲気などもわからないまま、一緒に婚活パーティーに出席してくれる友達とも当日に着ていくファッションの打ち合わせなしで何も考えずに出席したのです。パーティー会場に到着して周りを見回すと、参加している女性は全員、スカートやワンピース、パンツでも女性らしい雰囲気でした。その点、私の格好はというとカズレーザーさんのような真っ赤なトップスに真っ赤なパンツといったいで立ちでした。それから、アウターには黒のライダースジャケット、靴は黒のロングブーツと、周囲からかなりはみ出していました。もちろん、そんな私は会場では別世界にいるような感じで、周囲に声をかけてもらうこともなく、イスでちょこんと座り、何をするわけでもなくパーティーはお開きとなりました。思い出すたびに恥ずかしくなりますし、人生でこんな恥ずかしい思いは2度としたくありません。この失敗以降は、結婚活動で行われるパーティーに参加するときは、ファッションを友達とチェックしあうようになりました。

 

 

結婚活動目的のイベントや婚活サイトで出会った相手とのデートの回数…

結婚活動系のパーティーやネットのサイトなどで出会った異性とのデートについては、3回までにする事をオススメします。その理由は、1回では相手との相性はなかなか分かりません。万が一最初のデートで、「この人、なんかイマイチだなぁ」と思っていても、その後のデートで挽回することもありますし、またその逆の展開もあり得ます。なにより、一回目のデートとなると互いに緊張していることもありますので相手の本質を見ることは難しいと思います。ですが、3回目で「ないな」…と思えてしまう相手とはいくらデートの回数を重ねてみたとしても、ほとんど、挽回できる可能性は無いでしょう。波長の良くない相手と無意味にデートしても、大切な時間を食ってしまうだけなので、忘れて、次へいくのが賢明です。

 

 

結婚準備などについて書かれたゼクシィという結婚情報・・

ゼクシィという結婚情報誌の宣伝を見たことがあって知っている人も多いと思います。その有名な、ゼクシィのマッチングサービスであるゼクシィ縁結びの場合、入会後、5人中4人が入会日から約半年で出会っているという数字がデータとして存在しているとおり、真剣な気持ちで婚活を検討している人に最適なサービスではないでしょうか。そして、婚活は今からはじめる、という人にもゼクシィ縁結びは選択する価値があります。CMでもおなじみの「リクルート」が運営しているという部分も強みです。専任のプロコーディネーターもいて、婚活の指南、軌道修正をしてもらえますし、安心しながら行動できます。なので、もしあなたが婚活サイトに登録してみたいけどどの婚活サイトに入会したらよいかわからず困っている、という婚活初心者の場合や婚活の流れを理解したいと思っているのならぜひ、ゼクシィ縁結びから利用してみてはいかがでしょう?利用のためのコストも手頃なレベルなので無理なく始められるはずです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です